現在の仕事内容

マシニングツールやOEM品の設計、製図を担当しています。また、マシニングツールのサーモグリップチャック(焼きばめチャック)用の焼きバメ装置のオプション品の設計も行っています。
マシニングツールに関しては(標準品は図面があるため)特殊品の設計が主となります。お客様毎に使用条件や用途が異なるため、お客様の要望に沿った設計を行っていきます。OEM品は主に、当社工場内での加工可否の確認、加工工程の選定、必要に応じて治具の設計を行います。焼きバメ装置のオプション品は、装置移動用のキャスターや、安全用カバー、特殊チャックへ対応するためのアダプタ等の設計を行います。マシニングツール、OEM品共に、非常に種類が多い為、製品の使用用途や加工方法等、常に新しい発見があります。

 

今の仕事のやりがい

ツーリングの設計部門へ異動した当初は、ツーリングについての知識が入社時の研修で学んだことくらいで、実際に製品が完成するまでの加工工程や、使用用途等知らない事ばかりでした。ですので、製作する製品が製作可能か加工工程や加工方法などを都度、課の先輩社員や加工担当者に確認をとる、又は自身で調べる等して設計を行っていました。現在でもまだまだ分からないことは多いですが、自身で設計した製品が出来てきたときには非常にやりがいを感じます。今後は、展示会やセミナーなどに参加し、工作機械やその周辺についての知識を増やして行きたいです。また、焼きバメ装置を扱うときに必要な電気電子についてや、プログラミングといったIT関連の勉強も会社の通信教育制度や研修などを活用しながら行っていきたいです。

 

ある日のT.Aさん

7:45 出社 会社の借上アパートが近いので、自動車通勤でも渋滞知らずです
8:00 業務 前日の続きから取りかかります
10:00 休憩 席でゆっくりしている事が多いです
10:10 業務 場内へ出向いて加工法について確認したりします
12:10 昼食 食堂で弁当を食べてから席でゆっくり過ごします
12:55 業務 設計業務にとりかかります
15:00 休憩 席でのんびり過ごします
15:10 業務 今日中に終わらせたい仕事に集中して取り組みます
19:20 退社 1~2時間程度残業することが多いです

アルプスツールを選んだ理由

大学で機械工学を学び、授業など機械加工や設計など「ものづくり」を行った経験があり、就職活動では地元の長野県内にある製造メーカーで設計の仕事がしてみたいと考えていました。そんな中、就職情報サイトで当社を知り学んだ知識がいかせそうだと感じて会社を訪問しました。工作機械は学生時代に実習で扱っており、身近に感じていましたが、会社説明会で仕事内容の説明を聞いた時に設計者は製図するだけでなく、一つの製品に対して実験・検証・解析など様々な業務を担当できるという話が印象に残りました。手がけた製品を責任をもって送り出すことができる、そのようなやりがいのある仕事に携わりたいと思い志望しました。
また、職場見学で感じた社風や雰囲気がアットホームで良いと感じたことや、新入社員研修や「相談員制度」と呼ばれる新人サポートが充実している点も非常に良いと感じました。

学生の皆さんへ

私は地元「長野県へのUターン就職」「興味のある仕事」を中心に就職活動を行いました。理系で機械工学を学んだため「学生時代の知識をいかしたい」という思いも強かったです。「設計業務」と言ってもそれぞれの企業で仕事のスタイルは大きく異なります。私は一つの製品に対して幅広くアプローチができる点が面白そうだと感じて当社を志望しました。「どのような仕事の形態が自分に合うのか」就職活動を通じて出会えるよう頑張ってください。