1929年/東京(亀戸)に創業者宮野利盛が宮野鑢製造所を創り、工業用ヤスリ(組ヤスリ)の製造販売を開始
1941年/長野県の招致により長野県埴科郡坂城町に工場を移転
1943年/法人組織に改め、宮野鑢製造株式会社を設立
1946年/ライター用発火ヤスリの製造販売を開始
1952年/株式会社宮野鉄工所と改称
1958年/工業用ヤスリ・ライター用ヤスリ・自動旋盤用チャッ ク・ツール部門を分離し、株式会社宮野製作所を設立
1969年/チャック・ツール等の工作機械用工具類・周辺機器部 門を分離し、株式会社アルプスツールを設立
1971年/自動棒材供給機(バーフィーダー)ANF-25型を開発
1974年/第二工場を建設、バーフィーダー専用工場となる
1978年/マシニングセンター用ツール(MCツール)の開発製 造を開始
1983年/富士精工株式会社と提携し、A&C-max MCツールの製造販売を開始
高速オイル式バーフィーダーASRタイプを開発
1986年/精密ツールホルダ(NICE MILLシリーズ)・ARタイプコレットを製造販売開始
1989年/第三工場建設、FMSを志向したFA工場完成
1992年/Sandvik社と提携し、Coromant CAPTOツーリングの製造販売を開始
1995年/増圧機構内蔵ハイパワーコレットを開発・商品化
1996年/国内初主軸移動型旋盤対応オイル式バーフィーダーASR X-20型、短尺ローダASQ-80型を開発
1997年/第四工場を建設
1998年/全自動極細径用バーフィーダーASP-04型を開発
1999年/ISO9001規格を全事業所で認証取得
独国BILZ社と提携し、焼きバメ装置及びホルダーの製造販売を開始
米国Lyndex社と販売業務提携

2001年/テクノさかき事業所を建設(第二・第三工場を統合)
2002年/ALPS TOOL(THAILAND)CO.,LTDを開設
2003年/太径用バーフィーダーASR X-65P型を開発
2004年/第五工場を開設
2005年/独国W&F社とモジュラーツーリングの製造販売提携
(株)スペス・ラノバ(旧(株)ジムマック)を子会社化
2006年/阿尓卑斯工具(大連)有限公司開設
2008年/ALPS TOOL USA,INC開設
ALPS TOOL Europe GmbH開設
テクノさかき事業所に太陽光発電システムを導入
2009年/小型CNC自動旋盤用バーフィーダーAZ-12シリーズ・中・太径用バーフィーダーRXシリーズを開発
本社(第一工場)に夜間電力の蓄電機能を備えた太陽光発電システムを導入
2010年/中国(上海)駐在所開設
2012年/エコ思想に基づくエアレス・モーター駆動のバーフィーダーASQ-E80型を開発
上田開発センター創設
2013年/創業者記念ホール「温故知新」開設
テクノさかき事業所の太陽光発電システムを増設増強
ALPS CAPTO商品化
国内初多軸旋盤用オイル式バーフィーダーAMS-26開発
2014年/阿尓卑斯工具(大連)有限公司、バーフィーダー専用工場を開設
グローバル戦略機、極細材用オイル式バーフィーダーASR X-04AL型を開発
太径用バーフィーダーASR X-65Ev型、短尺材バーフィーダーASQ-E120型を開発
2015年/ALPS TOOL(THAILAND)CO.,LTD、タイ ナコンラチャシマにツーリング専用工場を開設
大阪営業所移転竣工

コメント

コメントは公開されません。
* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願い致します。
資料請求、返信が必要な場合は住所及び連絡先をご記入お願い致します。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。